竹パウダーで生ゴミ処理

リサイクルチップ竹肥姫(たけひめ)が地球を守る

現在、放置竹林の増加により様々な被害が全国的に広がっています。グリーンリサイクルでは、竹林保全事業を推進し、竹の間伐などに取り組んでいます。

そしてさらに、21世紀最大の問題は『ごみの処理』と言われています。そのため、生ごみ処理への関心も高まり、生ごみ処理容器なども多く普及しています。

伐採した竹

生ゴミリサイクル

グリーンリサイクルでは、竹肥姫を基材とした生ごみリサイクルを推進しております。

竹に侵入される山を守り、その竹によってごみ問題のほんの一部でも解決できることを願い、「簡単!楽しい!臭わない!」をモットーとして、できるだけ失敗をせず、長く続けて頂けるよう、日々研究・改良しております。


どうして竹肥姫で生ごみが消えるの!?

生ごみをえさとして分解してくれるのは、微生物。

竹は糖分やミネラルが豊富で、繊維質なのでこの微生物たちが住みつきやすく、繁殖しやすいのです。うまく分解させるには、空気を必要とする好気性菌という微生物の働き(好気発酵)が重要です。

竹肥姫は、ふわふわしていて隙間がたくさんできるので、空気が入り好気状態をつくりやすいのも特徴です。


竹肥姫で生ゴミ処理をされているお客様の声

小出まずる様

NPO法人エコネットふくおか事務局長の小出まずる様

竹肥姫で我が家のゴミ減量大作戦!

NPO法人エコネットふくおか事務局長の小出まずる様にお聞きしました。

小出事務局長様は、福岡市東区にある『臨海リサイクルプラザ』内で生ゴミ処理やリサイクルなどのさまざまな活動を続けていらっしゃいます。当社の竹肥姫も積極的に活用を頂き、生ゴミ処理の活用や、竹肥姫の販売に力を入れて頂いてります。

「大切なのは1人ひとりが行動すること。商品の過剰包装を見つけたら、店やメーカーにつたえましょう。」 と、明るい笑顔でお応え下さいました。

ページトップへ