よくあるご質問

Q:マルチング材とは何ですか?

A:地表面の飛散・流芸の防止・雑草の生育抑制・保温・保湿による植物育成の促進の為に地表面をなんらかの方法で覆うことをいいます。


Q:木質チップとは何ですか?

A:剪定枝・葉、間伐材等の樹木を1cm~2cm程度の大きさに切断したものです。使用用途としては畜産農家の敷き料・痩せた土地の土壌改良材等、また木質系発電所の材料としても利用できると考えられています。


Q:堆肥発酵とは何ですか?

A:家畜の糞や副資材(木質チップ・おがくず等)に含まれる有機物が微生物の働きにより分解される作用を言います。発酵温度が60℃~80℃に上昇する1次発酵と温度が下がってゆっくり分解する2次発酵に分かれます。竹肥姫を使用しての生ゴミリサイクルに関して


Q:うまく分解していない?

A:分解がすすまない原因の殆どは、水分が多すぎることに よります。微生物が働きやすい含水率は60%ですが、生ごみの含水率は90%以上もあるため、沢山の生ごみを 一気に投入すると水分量が上がり、分解がすすまなくなります。分解がすすまない場合は、乾いたままの竹肥姫を足して、よく撹拌してください。


Q:虫の発生を防ぐには?

A:コバエやウジ虫、ミズアブの幼虫など虫が発生することは、 本来自然のことなのですが衛生上では重要な問題です。 布のカバーをしっかり縛って侵入を防ぎ、台所でハエなどが卵をうみつけないようにすることも大切です。また、 水分が多いと幼虫が発生しやすくなりますので、 乾燥気味に管理してください。


Q:堆肥として使うには?

A:生ごみの投入を止めて熟成させます。ときどきかき混ぜて3ヶ月ほど寝かせます。生ごみの形がなくなり黒褐色になれば完熟です。

ページトップへ